FC2ブログ

アトリエ通信〜アラスカ野生動物画家きむらけい〜

アラスカ野生動物画家きむらけいの日々徒然

彼女のアオリイカ参戦、そして透ける…

9月中旬、義弟と二人で
毎年恒例のアオリイカ釣りに出漁した。

初旬に2度下見に出かけた義弟から
「出だしから絶不調で1日で1〜2杯しか釣れません」と
メールをもらっていた。

「エギ」と呼ばれるルアーでのイカ釣りは
近年、人気が出て新規参入者が増加し
フィッシングプレッシャーが高くなっている事に加え
天候不順による海水温の影響もあるかも知れないとのこと。

釣果は期待できないと覚悟の釣り。

義弟は最近、船舶免許が不要の
船外機付4人乗りの立派なゴムボートを入手。
低馬力のため波が少しでも高くなると出漁出来ないのが難点。
推進力が少ないので沖合に流される危険があるのだ。

当日は波が穏やかで
義弟の自慢のゴムボートはスルスルと海面を走り
岸からアプローチ出来ないポイントを次々攻略。
おかげで例年以上の釣果に恵まれた。

そして2週間後。
パートナーが義弟に誘われアオリイカ釣りに初挑戦。
ボート釣りなら彼女が苦手とする「フナムシ」の驚異はない。

彼女は17年前に2度程ルアーを扱っただけで
トラウトからサーモンまでこなす
フライフィッシング専門のアングラー。
新鮮であま〜いイカ刺しと日本酒の取り合わせに惹き込まれた結果
久しぶりにルアーロッドを握る決心をしたらしい。

9月下旬、義弟と共に3人で海へ。
予報では波の高さが前回同様1m。
終日穏やかな海を期待したのだが
現地では3m以上の高波がざっぱーん!ざざーん!と押し寄せる。
予報は大ハズレ。
ネットの地方予報はアバウト過ぎて全く役に立たない。

「どこが前回と同じ高さの波やねん!!!!!」

それでも一応ゴムボートを組み立てて膨らまし
ビーチで浮かべて乗り込もうとしたが
高波をかぶりゴムボートの中に大量の海水が浸入!
危険! キケン! 棄権!
止むなくゴムボートを片付け岸からのアプローチに変更。

高波の場合は普段なら立てる場所も当然危険になる。
漁港は波も穏やかで安全だが釣り人も多いしイカもスレている。
3人とも人混みが苦手なので安全な岩場を探し、海岸線を徘徊。

ざざざざっと逃げて行くフナムシを見る度、
義弟はパートナーに
「姉さん、あれはまっくろくろすけですよ」と言う。
「そ、それにしてはまっくろじゃないし
うす茶色いしカラダにこげ茶色の筋が入っていて…」
「そんなにしっかり見ちゃダメですって」

やがてようやく見つけた岩場のポイントへ。
急斜面を降下して立ったものの
高い波が恐ろしい音を響かせ、足元の岩に砕け散る状態。
武道に精通する義弟でさえ顔が強ばっている。
それでも身の危険を感じながら高波で盛り上がる海面へ
とりあえず「エギ」(アオリイカ専用ルアー)をキャスティングする。

第一投目、ロッドが急に重くなった。
この大波なので海藻などの浮遊物がエギに付着したと思い込み
少しイライラしながら強引にリールを巻くと
大波に洗われて一気に足元に運ばれたエギには
大きなアオリイカが抱きついている。

「やった!釣れるぞ。ここは!」

それを見たパートナーと義弟もキャスティングに力が入る。
そして私にさらに当たりが。
先程より少し小型のサイズのイカが20m先の水面で墨を吐いた。
秋も深くなるに連れてアオリイカのサイズも大きくなるし気分は最高。

bIMGP2728.jpg

ところがアオリイカ名人の義弟に当たりが来ない。
ボート釣りだけのつもりでいた彼は
底の薄い柔らかいデッキシューズを履いている。
これが岩場歩きに不向きで参っているようだ。
私の取り込んだアオリイカを見ながらヒットの状況を聞いていた義弟が
いきなり「オぉ〜っ!!!!!」と叫んで背後を見る。

なんとパートナーがあっけなくアオリイカを釣り上げたのだ。

ルアー釣りのキャスティングをすっかり忘れていて
キャスティングの飛距離が10m位しか出ていない彼女は
苦戦するだろうと予測していたのでビックリ。

彼女曰く目前で盛り上がった大波の中を
まるでサーファーの様に横切るアオリイカの影が見えたらしい。
それで少々波が危険な岩場のポイントでも釣りに集中出来たそうだ。
やはり根っからの釣り師なのだろう。

拍手喝采やんや!やんや!

bIMGP2729.jpg

bIMGP2731.jpg

ところがその直後、悲劇が。
私に大波が直撃!!!
全身ずぶ濡れで耳の中にまで海水が浸入する有様。
陸にいながらおぼれそうになったのだ。
ベージュ色の薄い化学繊維のカーゴパンツが肌に巻き付き
勝負パンツのトランクスが透け透けのエローイ状態に。

それを見て震え上がった義弟から撤収の号令。
ところがパートナーはもう少しこのポイントで粘りたい様子。
だけどこれ以上はさすがに命がヤバいかも知れない。

帰宅後、自ら釣り上げたアオリイカの刺身と日本酒に
至福の表情で舌鼓を打つパートナー。
「これからボトムフィッシュやシーバスにも参入しよう」と
海釣りへの意欲を見せる。
フナムシは平気になったのか?

翌日には彼女の大好きな色、
ブルーのロッドをネット検索し絶賛購入検討中。

秋の海釣りはまだまだ続きそうだ。
海の恵みに感謝。


スポンサーサイト



fishing | コメント:0 | トラックバック:0 |

あめおとこのずるやすみ

9807びっくりカモシカ

自然の中での遊びは天候に左右されるもの。
フライフィッシングを趣味とする私は、強力な雨男。
天候にはいつも泣かされます。

20年以上前の独身時代。
当時はデザイン事務所の雇われディレクターでした。

月曜日から頭の中で週末の釣りをシュミレーション。
適当に〈(注)無難に〉仕事を流し、ようやく迎える金曜日。
そしてそれを見透かすようにやってくる低気圧。
通気性の優れた機能性の高いレインギアを持っているので
多少の雨を気にする必要がありませんが
記録的な大雨や台風は川が増水し、危険なので中止です。
毎週末連続で雨天になると、さすがにイライラ。
雨の日は釣果がよくないのです。

そんな時、同じ趣味を持つ仲間と平日に一杯やると、
反社会的な行動が発生。

悪友「ここんところずっーーーーーと雨やね」
自分「狙い済ました様に週末やね」
悪友「平日に行けたら良いのにね」
自分「ほんまにね、はあああ(タメイキ大)」
悪友「明日やったらめっちゃ晴天で気持良いでぇ」
自分「行きたいよねぇぇぇぇぇぇ」
悪友「俺、明日暇やねん、いひひ」
自分「お、俺も行けん事ないかも」
悪友「平日は他に釣り人もおれへんしなぁ!」
自分「じゃ爆釣やなぁ!!」
二人「がははははははははは!!!!!!!」

そうと決まれば飲み屋を飛び出し、超特急で釣りの準備。
5〜6時間眠って早朝に悪友を車でひろい出発です。
ちなみに私はカラダがアルコールを受け付けないので
飲み屋ではもっぱらジュースかウーロン茶を愛飲。

朝の8時。
晴天の、美しい、誰もいない、河原へ。
いやっほーーーーー!

問題は会社への取り繕い。
遊魚料を支払う為に立ち寄った漁協のご主人に
事情を話し協力(共犯?)を仰ぐ。
「ずる休みで来たから会社に電話して仮病を使って休む事にしたい」
漁協のご主人大爆笑!
電話をお借りして会社に連絡。当時は携帯はあまり普及していませんでした。
自分「ずっずびません…2〜3日前からあった微熱が悪化して…げほげほ。
今日はどうしても起き上がれそうに…げほげほ。
とにかく早急に…早急に治しますので、えほえほっ。今日は…休ませて下さい」
会社「了解です。お大事に」

渓流釣りで憧れの「尺モノ」を初めて釣り上げたのがこの日でした。

早朝から夕方までみっちり釣りをして、ロングドライブで帰宅した為、
翌日出社すると、顔がムクんで肌が荒れ、
疲れ切った姿が病み上がりに見えたようで、
同僚に「無理をしないで」と優しいお言葉を頂戴した次第。

と こ ろ が。
しっぺ返しが我が身に降り掛かるのです。

独身時代アラスカで初挑戦したシルバーサーモン釣りは
ものすごい大雨で大苦戦し危うくボウズ。
婚約期間中に単身アラスカへ行き
日本人釣り師5名で乗り込んだスティールヘッド釣りなどは
嵐が到来しロッジに連日監禁となりボウズ。
(ボウズ:釣り師用語で魚が釣れないこと)

私の仕事仲間にも若い頃に同じ経験を持つ人が。

彼は家族に出張と偽って釣りに行くにあたり、
仕事内容も打ち合わせの担当者名も綿密に偽装工作。
片道6時間行程の距離を日帰りにする強行計画を立てたのです。

快調に釣りを楽しんでいた彼ですが、晴天のはずが大雨に。
川が一気に増水、引き返せなくなって立ち往生しました。
川の中を歩けば早く戻れるのですが、このルートはもう使えません。
夜の11時には帰宅しないと家族に心配されてしまいます。
急斜面の山を数時間薮漕ぎしながら峠を越えて、
下流の林道においた車に戻る事にしました。
約500メートルの標高の山を這うように登り
途中方向を失って元の場所に戻ってしまったりと遭難寸前。
疲労困憊で倒れ、途中意識を失いながらも無事車に戻り、
深夜に満身創痍の状態で帰宅したらしいのです。

釣りのカミサマはみていた?

善良なる皆さん。
けっしてけっしてけっして真似はなさらないでくださいね。

fishing | コメント:0 | トラックバック:0 |

イカにもブラッディだったのは去年まで

先月、義弟と義弟のお父様と3人でアオリイカ釣りに行きました。

アオリイカは「エギ」というエビの様な形をしたルアーで釣ります。
エギはキャスト後、着水するとゆっくりと沈み
数秒後、2〜3回ロッドを大きくしゃくると
まるで生きたエビや小魚のようにヒラリと水面に向けて上昇、
アオリイカはこの誘いに接近してきます。
しゃくるのを止めるとエギは再び水中へ沈み
この時にアオリイカはエギに抱きつきます。
エギの下部には鋭い針が放射線状に2重構造に生えていて
軟体動物のアオリイカが一度抱きつくと逃げられない仕組み。
簡単そうで実は難しく、奥が深いこの釣りは、取り憑かれる人が多いのです。

以前義弟が釣り上げた体長20cmのアオリイカを
釣り場ですぐにまだ半透明の状態でさばいてくれました。
その味はアオリイカの刺身の概念を覆す生涯で一番の味でした。
釣り人の特権の味ですね。
家族にもこの味を体験させてあげたいので、
慎重に絞め、キンキンに冷えたクーラーで保存して持ち帰ります。

bIMGP1868.jpg

深夜3時半、日本海までロングドライブに出発し朝7時、到着。
アオリイカの警戒心が少ない早朝が勝負です。
先週末、義弟は20杯の釣果だったそうで
期待出来る状況なのですが、なにしろシーズン真っ盛り。
釣り人が多くなると警戒するようになるので
週末後の今日の釣果はあまり望めないだろうと考えていました。

一杯も釣れず、あっと言う間に2時間経過。
この日は蒸し暑く、30度近い気温の中、日陰の全くない礒や岩場で
早朝から懸命に釣り続け…体力の消耗が予想以上でした。
お父様が早々に戦線離脱、休憩を兼ねて他のポイント下見に。

今夜はパートナーの実家で両親と義弟家族と私達夫婦で
「アオリイカパーティー」を10名で開催。
となると最低10杯は欲しいところ。
家族は釣り場の過酷な状況など考えず
夕方には新鮮なアオリイカが到着すると決め込んでいるでしょう。

気合いを入れ直し、気力を振り絞ってキャスト再開。
すると義弟が連続で2杯。そしてようやく私も1杯目を釣り上げ
午前10時で合計4杯。
獲物の少なさに漁港の魚市場を意識し出す。
と、私の足元をひと際大きなアオリイカが横切っていきます。
エギを放り込むと、あっけなくその大物はエギに急接近、抱きつきました。
とても重くて強い引きでしたが無事ランディング成功。
その後私は3杯を仕留めて合計5杯。義弟は合計10杯。

午後1時に釣りを終了、義弟のお父様を家にお送りし、
4杯のアオリイカをお母様にお渡しすると
お礼にと畑で取れたお野菜をいただいき恐縮。
このお母様は鮎の友釣りの名手なのです。
毎年おいしい鮎や自家製の梅干しを頂いています。

帰宅後、溺愛する姪っ子と甥っ子に大イカを見せて自慢するも
可愛い姪っ子は大きな瞳でイカを見つめ、クールに
「大きいのは刺身で食べると美味しくないよ」と。
彼女のアドバイスで私の大物はイカリングに。
新鮮な刺身とイカリングやバター炒めを
美味しそうに食べてくれる家族の笑顔に、今日の苦労が報われました。

恒例となりつつあるアオリイカパーティー。
家族の釣り場状況を無視した期待と炎天下の気温と
アオリイカの警戒心に立ち向かい、義弟と来年も日本海を目指します。

さて。タイトルのブラッディの件。
昨年のアオリイカ釣りで山用ウォーキングシューズで岩場を歩き転倒。
肘を強打し、Tシャツに血痕付着、打撲の痛みはひと月続きました。
義弟の向けるカメラに痛みをこらえ笑顔を向ける私でした。

7005963_1777151532_166large-1.jpg




fishing | コメント:0 | トラックバック:0 |

友人夫妻&3ワンコとの合同キャンプ〜涙の後編〜

IMGP1845.jpg

道から河原までの30mの急角度の崖を慎重に降りると
美しい流れが現れます。
降りてすぐの所に大物が居着いている場所が。
毛針はパートナーのスペシャルパターンを選択。

水面に浮く虫を模した毛針(ドライフライ)には大きく分けると2種類。
フライ全体が水面上にぽっかりと浮いて流れるハイフロートパターンと
フライのフック(針)の部分が水面下を流れる半沈みのパターン。

ハイフロートパターンの良い所は
水面上にフライ全体が浮いているために
魚にフライを見破られにくい点。
欠点は魚、特に岩魚はエサを捕まえるのが下手なため、
水面上にぽっかりと浮くフライを補食しにくい点にあります。
またフライは打ち込むのに空気抵抗を受けやすい形状なので
投げる技術が必要となります。

半沈みのパターンは魚が補食しやすく投げやすい反面、
フックが水面下にあるために見破られやすく、
これは虫ではないな、と魚に思われてしまうのです。

最初のポイントにパートナーのハイフロートパターンフライを流してみると、
岩魚はあっけなくフライに出ました。
が。残念ながら初回の獲物は空振り。

エサを捕るのが下手で水面に浮かぶフライにもゆっくり接近、
ゆっくりくわえるこの川のおおらかな岩魚を釣るには、
水面に浮かぶフライに岩魚が食い付いて反転し、潜る瞬間に
合わせ(竿を立ててテンションをかける)を行わないと空振りします。
彼のホームグランドエリアのヤマメ達は、釣り人が多いので警戒心が強く、
水面に出てくわえたフライに不審を感じると瞬時に吐き出すとか。
その影響で合わせを素早く行う習慣があっただけのことです。

いきなり出て来た岩魚を見て
釣れるのは時間の問題だと軽く考えていました。
ところが、ここからが苦戦の連続。

フライに出ても空振りしたり、気付かれて逃げられたり、
あげくの果てに遡行中の薮コギでルートを見失って道に迷ったり。
ほとんど飲まず食わずで
登っては釣り、釣っては降りの繰り返し。

午後3時、最後のポイントに到達。
ここで彼の自作の半沈みのパターンのフライを選択。
この日は岩魚が水面上のフライを補食し損なうケースが多く、
警戒心は薄いようなので補食しやすい半沈みのパターンに賭ける事に。

ポイントは2カ所。
最初の場所にフライを打ち込むとバシっと水面が割れ、岩魚が出ました。
が、残念ながら空振り。

その岩魚をあきらめ、次の最後の場所にフライを投入。
数匹の岩魚が泳いでいるのが見えてます。
しかし岩魚はフライに警戒し深場へ移動してしまったのです。

「念のためにさっき空振りしたスポットにもう一度フライを打ち込んで見ない?
エサを取り逃がしたと思っているかもしれないから」
私の提案に棟梁はうなずき、
先程の毛針のサイズを少し小さくしたパターンをチョイス。

あきらめの悪すぎるおっさん達の、
せつなすぎる夢をたっぷりと乗せたフライは。

ふわり、と水面に落ち、
その瞬間、バシッ!
水面が割れてフライが消え、
彼があわせると。と。
ついに、ロッドがきゅん、と曲がったのです。

IMGP1856.jpg

素早くネットに納めた25cmの初岩魚。
その瞬間に私は腰砕けになり、
指が白くなる程ネットを握りしめ、河原にへたり込みました。
信じられない事に、涙が出て来ました。
顔を上げると、なんと彼も河原にへたり込んで涙を拭っている。
夕暮れの河原にひざまづき、
泣きながら固く握手を交わすおっさん2人。

客観的にみるとものすごくキモイ光景ですね。
でも。
本当に心の底から感動したのです。
何枚も写真を撮って岩魚を川にお返ししました。
本当に良かった。良かった。良かった!

キャンプ場に戻るとパートナーと棟梁の奥さんが
あまりに帰り遅いので、釣れてないか、
川に流されたかのどちらかだね、なんて言っていたらしい。
釣れた後に行きつけの蕎麦屋へ遅すぎる昼ご飯を食べに行き
さらに帰りが遅くなったのでした。

目的を果たしたその夜の晩酌とバーベキューの味、
友人夫妻とワンちゃん達の楽しい歓談は生涯忘れません。

棟梁は、帰宅後にメールで送った岩魚の写真を
ありがたいことに額に入れて飾ってくれるそうです。

愛する岐阜県、
愛する美しい山々、
愛する美しい岩魚たちと川、
この素晴らしき大自然よ永遠に。

fishing | コメント:0 | トラックバック:0 |

友人夫妻&3ワンコとの合同キャンプ〜笑顔の前編〜

遠方の友人夫妻とその愛犬、ミニチュアダックス3匹と
私達夫婦のメンバーでぺット同伴可のキャンプ場が多い岐阜県にて
合同キャンプをしてきました。

初日朝に待ち合わせた高速のサービスエリア。
いつものステキな笑顔の友人2人と、
キラキラした愛くるしい目をして
元気いっぱいの3匹のワンちゃんと落ち合い、いざ出発。

管理が行き届いた、シャワー室付の気持ちの良いキャンプ場でした。
元気よく走り回るワンちゃんを連れたご家族が続々とサイトに集結。
キャンプ場は愛くるしいワンちゃんの笑顔でいっぱいとなりました。
飼い主に愛されているワンちゃん達は、とても幸せそうな笑顔をしていて
見ているこちらも幸せな気分になります。

夕食は両家が持ち込んだ取っておきの豚肉・鶏肉・牛肉を炭火で炙り、
おいしいお酒と行きつけのペンションで予約しておいた
自家製のおいしいババロアを食べ、可愛いワンちゃんをだっこしながら
久しぶりの再会に膨らんだ話で盛り上がり、気持ちよく就寝。

翌日、奥様とパートナーはキャンプサイトで
ワンコ達とゆっくりくつろいで過ごし、
私はご主人を渓流のフライフッシングにご案内。

彼は建設現場の棟梁さん。
日焼けした、逞しくおおらかなナイスガイ。
これまで数々の河川でヤマメを釣って来ましたが、岩魚を狙うも運悪く釣れず、
今回はどうしても渓流で岩魚を釣りたいとのリクエスト。

彼のために岩魚釣り用の毛針をパートナーが巻いてくれました。
彼女は独自にあみ出した岩魚釣りの必殺パターンを持っているのです。
この界隈の河川は熟知しているので、幾つかの釣り場所候補を頭に描きつつ出発。

走行中に棟梁から岩魚の習性についての質問を受ける。
私も経験がありますが、
釣った事のない魚は難しく考えてしまうものなのです。

ヤマメも岩魚も基本的には同じサケ・マス科の魚で
釣り方やポイントの狙い方は同じ。違いがあるのは魚の居着き場所。
ヤマメは中流域から上流域にかけて
流芯あるいは流芯に近い緩流帯の中層から表層を泳ぐ習性。
岩魚は上流域の岸よりの岩の影や窪みなど深場を好みます。

ですが、北陸や岐阜奥部の岩魚は、一般論に当てはまらないケースが多々。
ヤマメのように流芯の表層で上流から運ばれて来るエサを食べる場合や、
瀬尻の流芯に出ていることがあるのです。
ヤマメは岩魚が好むとされる石の影や窪みから出るケースはほとんどなく
ヤマメを狙って流芯を攻めて岩魚が釣れた経験はありますが、
岩魚を狙って石の影や窪みを攻めてヤマメが釣れた経験が無いのです。
そんな説明をしながら午前9時に到着。

ウェーダーに着替え、いざ渓流へ!
私は竿を持たず、ガイドに徹しました。
正午までに岩魚を仕留め、蕎麦屋で昼食を食べ、
温泉に入って帰宅する予定でしたが、やはり自然が相手。

1匹の岩魚を求めての過酷な過酷な一日が
始まろうとしていました。

涙の後編に続く。

fishing | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |