FC2ブログ

アトリエ通信〜アラスカ野生動物画家きむらけい〜

アラスカ野生動物画家きむらけいの日々徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中道農園

今年田園が広がる静かな所に引っ越しました。
夜になると街灯のない真っ暗な道があります。
それは最寄り駅までの近道に使っている田んぼのあぜ道。
舗装はされていますが、夏も涼しい風が吹き抜け快適な道。

その道で約35年ぶりくらいに
ぐにゅっと犬のウ◯チを踏んだ。
「あっ!このなつかしい感触は……!」

大阪市内在住の知人に話すと
「え、今どき?」と笑われました。

うんがついたかも。

さて本題へ。

滋賀県には日本最大の湖「琵琶湖」があります。
県の総面積の約1/5程の大きさです。
湖西地方は京都府とまたがる比良山地が。
湖東地方は三重県とまたがる鈴鹿山地が広がり
鈴鹿山地から琵琶湖までは広大な近江平野を有します。
美しい湖で水質も良く
環境調査の研究者によれば湖北の沖合に出れば
今でも手で水をすくって直接飲める程の水質だそうです。

昨年その琵琶湖の東側に広がる近江平野の
有機栽培農家「中道農園」さんを訪ねました。
最寄りのJR駅から少し離れるともうそこは水田地帯。
駅前でタクシーを拾い「中道農園さんへお願いします」と伝えると
「ご住所はわかりますか?」と運転手さん。

プリントしてきた住所と地図があったのですが
目的地までの道順がつかめない。
そう、田んぼが広がる中、目印となる物が無いのです。

農家一軒辺りの農地面積が広く民家もまばら。
道すがら3人の地元の方にお聞きしながら約20分走行。
ようやく辿り着いた中道農園の周辺は
360度見渡す限り見事な田園が広がっていて
ジュースの自販機一つ見当たりませんでした。

ご主人の中道さんは
安全で美味しい農作物を生産すべく
並々ならぬ情熱をお持ちの方です。

いかに安全に食材を生産していくか
そして農薬や食品添加物の特性について
お話をしてくださいました。

健康な土壌で生産された本来の野菜は
甘みが強く、味も美味しくドレッシングも不要。
ニンジンなどもそのままミキサーにかけてジュースにすれば
飲んだ人はその濃厚な甘みに砂糖を入れたと思い込むらしい。

そして一番驚いたのは農業体験を子供達にさせる場合、
完全無農薬の有機栽培の田んぼには
素足で入ってはいけないとのこと。
現代の都会の子供達は無菌に近い環境で生活しているので
微生物などに対する抵抗力が乏しい。
最小限の農薬を使用しておかないと
田んぼの中にいる元気のいい様々な微生物が傷口から侵入し
かえって危険らしいのです。

中道さんとの楽しいお話に夢中になって
気がつくと辺りはすっかり日が暮れています。
「駅までお送りしますから」とご親切に言って下さいましたが
散歩がてら歩いて帰りますのでと丁重に辞退し、玄関を出て呆然。

街灯がいっさい見当たらない真っ暗闇の世界。
同じ暗闇でも山の稜線がよく見える山間部と違って
360度真っ暗な田園地帯。
東西南北の方向すらつかめない。

すぐに引き返し臆病な少年のように
「送って下さい」とお願いしたのでした。

玄米を購入させていただきました。
香りがあってとてもおいしいお米でした。

新米の季節ですね。


スポンサーサイト
collect data | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。