FC2ブログ

アトリエ通信〜アラスカ野生動物画家きむらけい〜

アラスカ野生動物画家きむらけいの日々徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

友人からの贈り物 その1

厳しい寒さの冬のアラスカ。
日照時間の短さから「冬季うつ病」の症状が出てしまう方もいます。
フィッシングロッジなどもほとんどが9月に閉められ
観光客相手の仕事も少なくなるため、他州に別の仕事と住居を持ち
冬にはアラスカを留守にしている場合も。
定住している方にとっては
冬は友人達が他の州へ行ってしまう、さみしい季節でもあるのです。

キーナイリバーのフィッシングガイドR氏。
出身のコロラド州とは比べ物にならない冬の厳しさの中、
心を癒してくれたのが「オーロラ」でした。
オーロラが出始めると分厚い寝袋を持って屋外へ。
カルフォルニア出身の奥様と仰向けに寝転んで
寝袋に入ったまま観賞するそうです。

元キーナイのギャラリーオーナーの友人からは
5年程前に流星群が来た際に偶然オーロラが発生し、
流星群とオーロラの美しい共演を観測したというお話も聞きました。

オーロラツアーのメッカ、
オーロラベルトの真下に位置するフェアバンクスより
約400キロ南のアンカレッジや、500キロ南のキーナイ半島でも
夜が戻って来る8月後半から美しいオーロラが現れます。

私やパートナーも9月のキーナイで美しいグリーン色のオーロラと、
8月のアンカレッジで珍しい赤色のタイプのオーロラを観測しています。
(オーロラは通年発生しているのですが緯度が高いと白夜となり、
明るさに邪魔されて見えないだけなのです。)
ただ、これらの地域では緯度が低過ぎて安定した高い発生率は望めず
オーロラ観測ツアーは成立できないのです。

他州出身ではないキーナイ在住の方は
たまたま夜中に起きていて偶然出ていたのを目にするぐらいだとか。
あえて眠い目をこすってオーロラが現れるまでワクワクしながら待つ事も
あたたかい飲物やお酒で乾杯しながら観賞をする習慣もほとんどないのです。

フェアバンクスのオーロラツアーに来るのは日本人が多いそうです。
美しい自然現象や絶景を見てみたいと熱望するのは
古くより四季の自然を慈しみ、生活の中に取り込んで来た
日本人の美意識が反映された素敵な感覚だと思います。



実はオーロラを観測するまでに8年を費やしました。

オーロラ観賞の妨げになるのは「睡魔」と「天候(雲りや雨・雪)」です。
昼間にめいいっぱい動き回り、野生動物の取材や釣りをしていると
疲労困憊でとても起きてはいられません。
次の朝も早起きして出かけなければいけないですし、
何より雨男ですからね。

私とパートナーの初めてのオーロラ体験。
それには心温まる、とてもとても不思議な物語がありました。

次回へ続く。

bscFRIENDS友
きむらけい FRIENDS -友- 2000年


スポンサーサイト

alaska | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<高台寺の紅葉 | ホーム | あめおとこのずるやすみ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。