FC2ブログ

アトリエ通信〜アラスカ野生動物画家きむらけい〜

アラスカ野生動物画家きむらけいの日々徒然

高台寺の紅葉

今月初め、パートナーの誕生祝いに
美しい紅葉シーズンまっただ中の
高台寺の拝観に行ってきました。

bsDSC00249.jpg

bsDSC00241.jpg

bsDSC00295.jpg


鷲峰山 高台寺(高台寿聖禅寺)。
四季様々な表情を楽しめるとても美しい庭園があり
優雅で気品に満ちた寺観です。
この寺の最上階にある霊屋(おたまや)に眠っておられるのが、
豊臣秀吉夫人「北政所(ねね)」さん。

1598年に亡くなった夫、豊臣秀吉公の菩提を弔うため
ねねさんが1606年に高台寺を開創しました。
お寺の造営に莫大な財政援助をしたのが
意外なことに豊臣家の敵、徳川家康公。
1600年「関ヶ原の戦い」で豊臣家側の西軍を壊滅させ
1615年「大阪夏の陣」で豊臣家を滅亡へ追い込み大阪城を焼失させたのです。
大阪城落城の際には、小高い丘にある高台寺からも
空に立ち登る黒煙が見えたそうです。
赤黒く燃え上がる黒煙を眺め涙を流される
ねねさんのお姿があったと伝えられています。

豊臣家の滅亡後、ねねさんは心穏やかに、
ごく親しい人とゆっくりこの境内で余生を過ごされたそうです。

高台寺の境内は清々しく温かい雰囲気に満ちていて、
訪れる度、心が穏やかになります。

境内の出口付近に茶室があり、
美しい庭を眺めながら美味しいお抹茶でほっこり。

bsDSC00306.jpg

bsDSC00245.jpg

そして近くに歴史あるお蕎麦屋さんがあり、
茶蕎麦とすぐに売り切れる焼きたてのみたらし団子が最高なのです。が
ねねさんにはもしかして、お見通しかも知れません。

「あなた、またお蕎麦とお団子が目当てで来るのでしょ」
そんなねねさんのお声が聞こえるように感じます。

スポンサーサイト




art | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<開高さん | ホーム | 友人からの贈り物 その1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |