FC2ブログ

アトリエ通信〜アラスカ野生動物画家きむらけい〜

アラスカ野生動物画家きむらけいの日々徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オオカミの研究者

1月末、京都大学野生動物研究所センター長の幸島先生のご提案で、
オオカミをテーマに研究される植田先生のもとにお邪魔しました。
昨年に私が企画した「研究者と作家の共同研究」のための会談です。

同じ野生動物をフィールドで観察しても
研究者は生態の新たなる発見が最終目的で
ワイルドライフアート作家は
科学的な相違点の無い美しい作品の完成が最終目的。

研究者と作家が相互に情報を共有することで
研究者は作家サイドの「新鮮な視点」を得て新たな角度の研究に反映、
作家は研究者による生態の最深部の情報を基に
従来のワイルドライフアートの領域を「超えた」
より「科学的な」作品を制作します。

そして仕上がった作品はご協力下さった研究者の
ビジュアル的な生態研究資料として生かされなければなりません。
作家である私の責任であり最終目的地点です。

オオカミの研究者は実は世界的にも少数派で
植田先生が取り組まれている
「オオカミのコミュニケーション」についての研究はもっと希少だそうです。
非常に興味深い研究に
同行したオオカミとっても大好きなパートナーも興奮しっぱなし。

パートナーの同席を望んだのは
元獣医看護士としての医学的な知識を持った動物オタクな彼女に
作品制作の監修などサポートをしてもらっているので
植田先生からお聞きした掘り下げられた科学的情報を
私にかみくだいて解説してもらうためでした。

植田先生はカナダのスプルースの森や
アラスカのデナリ国立公園、
アメリカ本土のイエローストーン国立公園でシンリンオオカミを追われています。
イエローストーンでは巨大なバイソンに追跡されたエピソードもお聞きしました。
野生動物の研究には常に危険がつきまとうものなのです。
国内では主にジャック一家とアオイちゃんがいる
名古屋の東山動物園でご研究されています。

7005963_2032496658_131large.jpg

7005963_2032387562_240large.jpg

7005963_2032387558_247large.jpg

7005963_2032387555_86large.jpg

7005963_2032387556_68large.jpg

植田先生とパートナーがテンション高く
(スピードについて行けない私)
心底楽しそうにオオカミ話で盛り上がる姿に
これからの作品制作にかなーーーりのプレッシャー。
これまで野生動物の美しさを求め続けてきたつもりですが
このオオカミ好きな二人にきっちり満足してもらえる
グレードで仕上げることを思うと、これまた責任重大なのです。

オオカミの作品制作は今のムースを仕上げた来月から着手。
完成後、生態の科学的な解説と共に公開しますので乞うご期待。

スポンサーサイト

art | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ジオアートワークスWILDLIFE ART企画展開催 | ホーム | 将軍は芸術家>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。