FC2ブログ

アトリエ通信〜アラスカ野生動物画家きむらけい〜

アラスカ野生動物画家きむらけいの日々徒然

かっこいい新ジャンル、SUP登場! OSAKAつるみアウトドア&厳選食博その14

bアウトドア食博ロゴベースブラック160

2015年6月6日(土)・7日(日)
ハナミズキホール(水の館ホール)&付属展示場で開催する
「OSAKAつるみ アウトドア&厳選食博」
イベントや出展ブースを順次ご紹介します。

サーフボード状のものに乗り、パドルを使う、手漕ぎ筏方式の
スタンドアップパドルボード(通称:SUP/サップ)のご紹介を。

シティーサップ協会1

シティーサップ協会2

シティーサップ協会3

サーフボードでは波を必要としますが
フラットな静かな水面でもパドルを使って進むことができます。
またサーフボードと同じように波に乗る楽しみ方もあります。
非常にかっこいい乗り物です。
釣り師の私は山間部の湖や波の穏やかな近海で利用してみたいのです。

今回ご参加いただく
日本シティサップ協会代表の奥谷様のご協力で
鶴見緑地公園内の大池で8人乗りの大型サップによる
水上散歩をお楽しみいただける体験会を開催します。

日本シティサップ協会では
水辺レジャーの促進と安全啓発のため、
大阪都市部の河川などでサップの体験会を開催しています。

協会の名称でもある「シティサップ」は、
サップに乗って、普段見慣れた街の景色を
水上から眺め再発見するアクティビティ。
大きなボードの上に立ってパドルで漕ぎ進むスタイルは、
エクササイズにも効果的。
「水上さんぽ」と名付け、日々活動されています。

日本シティサップ協会では水辺の清掃活動も積極的に実施。

実は日本の水辺環境は先進諸国の中で最悪のレベルなのです。

産業廃棄物をはじめ、水辺のレジャーで訪れた人が投棄するケースも多々。
そんな水辺の美化活動を積極的に行ってきたのが
カヌー・カヤックやサップの方々です。

サップの愛好家を増やす事は水辺の美化にもつながる。
そんな情熱を持って活動される方々を
これからも応援していきたいと思います。

会場での体験会もぜひご参加くださいね。
 
〈イベント情報〉
「水上さんぽ体験」
〜水辺の安全講習会込み 

日本シティサップ協会

6月6日(土)のみ ※雨天中止

時間:10:00 〜16:00(約20分/回)

参加費:1,000円(入場料別・保険料込)

対象者:小学生以上

定員:各回6名(先着順)

場所:園内大池

スポンサーサイト




hookjawdesignlabo. | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<パラグライダーで空を楽しむ OSAKAつるみアウトドア&厳選食博その15 | ホーム | 関西初出店! OSAKAつるみアウトドア&厳選食博その13>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |