FC2ブログ

アトリエ通信〜アラスカ野生動物画家きむらけい〜

アラスカ野生動物画家きむらけいの日々徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

乗馬ー英国貴族のアウトドア1 OSAKAつるみアウトドア&厳選食博その17

bアウトドア食博ロゴベースブラック160

2015年6月6日(土)・7日(日)
ハナミズキホール(水の館ホール)&付属展示場で開催する
「OSAKAつるみ アウトドア&厳選食博」
イベントや出展ブースを順次ご紹介します。

b乗馬イメージ
写真はイメージです

乗馬のご経験、ありますか?

鶴見緑地公園には素晴らしい乗馬苑があります。

愛知県に母体のある
有限会社エルミオーレさんが運営される
「鶴見緑地乗馬苑」さんです。

乗馬の楽しさをもっと多くの方に伝えたいと
イベント会場(付属展示場)に
ポニー1頭を連れてきてくださいます。

乗馬は長年オリンピックの正式種目で
日本でもメダリストがいますね。

英国貴族のたしなみのスポーツとして発展、
「ブリティッシュライディング」と呼ばれる
服装や礼儀マナーを重んじる素晴らしい文化を構築してきました。
アメリカではカウボーイの乗馬スタイルから発展した
「ウエスタンスタイル」形式となりました。
英国と米国の国家の成り立ちや歴史を感じます。
乗馬苑は「ブリティッシュライディングスタイル」です。

海外では馬とアウトドアの関わりが日本と比べて多く
奥地へのアクセスにホースバックライディングという
馬を利用する移動手段があります。

人間の歩行速度が約4km。
馬は並足で約7〜8km、早足なら約12〜13kmです。
自動車の通れない細いダートロードを進めるので
奥地へのアクセスとして重宝されています。

日本でもアウトドアと馬の関わりが広まれば
新たな楽しさが得られると思うのですが。

馬と心を通わせ
文字通り人馬一体となり
はじめて成立するスポーツ。

馬は温厚で自分に危害を加えない相手には実に好意的です。
信頼関係を築いて乗馬の技術力が上がれば
とても楽しいスポーツです。

ぜひポニーに会いに会場にお越しくださいね。

スポンサーサイト

hookjawdesignlabo. | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<フライフィッシング-英国貴族のアウトドア2 OSAKAつるみアウトドア&厳選食博その18 | ホーム | ワンランク上のフードコートを OSAKAつるみアウトドア&厳選食博その16>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。